水泳の怪物フェルプスは、競技前になぜ音楽を聴くのか?

swimmers-swimming-race-competition-56837

メダル取りすぎ!とも言いたくなる水泳の怪物、マイケル・フェルプス(アメリカ)。気付いた人も多いと思うが、いつも泳ぐ直前まで大きなヘッドフォンをつけている。「何を聴いているのかな?」と気になるのは私だけだろうか?フェルプスに限らず、多くのオリンピック選手が、競技前にヘッドフォンをつけている光景をテレビで目にするが、人生を180度変える事が可能な大舞台の前に、なぜわざわざ音楽を聴くのか?

『The Power of Habit』によると、実際、フェルプスの「勝つための日課」は、競技前に音楽を聴く事を含む (1)。勝つ事に、とても大切な要素なのだ。見ている方としては「あら、まだヘッドフォンつけてる。なんで?」と思うかもしれないが、これは彼の勝利プランの一部なのである。リオオリンピックで何を聴いているかは、はっきりしないが、ラップやカントリー音楽が彼のプレイリストに入っているらしい(2)。

多くの運動選手は、練習中、ウォームアップ中、競技前に音楽をよく聴く。その理由としては、気持ちをピークの状態にする、ハッピーな気分にもってくる、自信を感じる、敏感さを高める、リラックスするなど(3)。このリストを見ると、運動選手が最高の競技が出来るよう、目的をもって音楽を聴いている事がよく分かる。

また、練習中に音楽を聴く事は、疲労感の減少にもつながる事が証明されている。さらに、運動の動きにマッチしたリズムがある音楽を使う事で、その動作をより効率的に行える事もわかっている(4)。少しの差が、結果に大きな影響を及ぼすオリンピック。世界の頂点に立つためには、そのために出来るすべての事を行わなければならないだろう。ヘッドフォンの役割は、私達が想像した以上に大きいのかもしれない。

参考文献:

  1. Duhigg, C. (2014). The power of habit. New York, NY: Random House Trade Paperbacks.
  2. Goodman, J. (2016). Michael Phelps’ warmup playlist includes Eminem. Retrieved August 10, 2016 from http://www.ew.com/article/2016/08/09/michael-phelps-warmup-playlist-eminem
  3. Laukka, P., Quick, L. (2013). Emotional and motivational uses of music in sports and exercise: A questionnaire study among athletes. Psychology of Music 41(2) 198-215. 
  4. Bateman, A. & Bale, J. (Ed(s)).(2008). Sporting sounds: Relationships Between Sport and Music, Ch 1: 13-36.

科学に基づいた研究:馴染みのある曲を認識する脳の部分?

headphone (red)

「この曲、知ってる!」と馴染みのある曲を認識する脳の部分?そういう所があったんですね。それを発見した研究論文を要約してみました。

論文:Why musical memory can be preserved in advanced Alzheimer’s disease

研究者:Jacobsen, Stelzer, Fritz, Chetelat, Joie & Turner

方法:

ステップ1:36人の被験者(28歳前後)に(1)知らない曲(2)1時間前に聴いた曲(3)馴染みのある曲を聴かせて、fMRIで脳の反応を分析。脳の尾側前帯状回と前補足運動野が、馴染みのある曲の認識に関わる事を発見。

ステップ2:アルツハイマー病患者と健康な大人(両方のグループの年齢は、68歳前後)の脳を見てみる。アルツハイマー病患者の「馴染みのある曲を認識する脳の部分」(尾側前帯状回と前補足運動野)に注目してみると:

  • アミロイドベータの沈着はあるが、バイオマーカーとしては初期の段階(病気の進行段階としては、アミロイドベータの蓄積=>代謝低下=>皮質縮小)
  • そのためグルコース代謝の乱れと、皮質萎縮は最小限

簡単にまとめると….脳がアルツハイマー病のダメージを受けていても、馴染みのある音楽を認識する部分は、比較的、その影響を受けていない。その結果、患者さんは他の事を忘れても、馴染みのある曲を覚えている。

参考文献:

Jacobsen, J., Stelzer, J., Fritz, T. H., Chetelat, G., Joie, R. L., & Turner, R. (2015). Why musical memory can be preserved in advanced Alzheimer’s disease. Retrieved from  http://brain.oxfordjournals.org/content/early/2015/06/03/brain.awv135

音楽を聴いて、なぜ思い出が戻ってくるのか?

日本でも、認知症と音楽のドキュメンタリー『パーソナル・ソング』が公開されているようですね。音楽を使って、認知症をもった方とつながり、一緒に回想したりする事は、素晴らしい事だと思います。さて、今日は「音楽を聴いて、なぜ記憶がよみがえってくるのか?」という質問に焦点をあてます。

英語で「neurons that fire together wire together」という言葉を聞いた事があります。ニューロン発火が一緒に起こった出来事は、その後も深い関係を持ち続けるという事です(勿論、これは音楽に限った事ではありません。しかし、ここでは音楽に注目)。

例えば、自分の結婚式にある曲を使ったとする。それから何十年も経って、その「ある曲」を聴いたら、結婚式の思い出が鮮明によみがえってくる。戦争中、戦場で歌った軍歌を聴くと、戦争の思い出が戻ってくる。

「蛍の光」を聴くと、卒業式、または閉店前のスーパーを思い出す(笑)。ラジオを聴いていて、亡くなった友人の好きだった音楽が流れると、瞬時にその人を思い出す。音楽って、とてもパワフル。ちなみに、この曲はその友人の好きだった曲。

参照:http://www.psc.edu/science/Miikkulainen/Miikkul-fire.html

研究結果:音楽に合わせて歌う VS 聴くだけ

brain

バージニア州ジョージメイソン大学の脳科学者ジェーンフリン氏による、音楽を使った研究結果です。

対象者:アルツハイマー型認知症患者

試験内容:馴染みのあるミュージカルの曲を中心に、週1回のセッションを4ヶ月間行った。

グループ1:音楽に合わせて歌う。

グループ2: 音楽を聴く。

結果:音楽と一緒に歌ったグループ1は、認知能力、描画テスト(針のない時計の図に、言われた時間の針を書き込む。)、生活に対する満足感の向上を見せた。特に、症状が進行した方に効果があった。

ジェーンフリン氏によると、歌に積極的に参加する事は、脳の多くの部分を刺激するとの事。やはりここでも、音楽に能動的に参加する事は、受動的な参加よりも、脳に良い影響を与えるという事が証明されています。

参考文献:The Guardian. (2013). Alzheimer’s patients’ brains boosted by belting out Sound of Music. Retrieved on November 16, 2013, from http://www.theguardian.com/science/2013/nov/11/alzheimers-patients-brains-boosted-sound-music-singing

「歩く」とか「音楽を聴く」とか….それってシンプルな事?

Woman listening to music.

多くの人が、毎日何気なく行っている事……例えば「歩く」。一見、シンプルに見えて実際そうでない。それは、身体機能の専門家がよく知っている事である。

音楽を聴く事……ゆっくり椅子やソファーに座って音楽を聴かなくても、テレビやお店から音楽が聞こえてくる、という事は私達の日常生活の一部。

実は、私達が知らないうちに、脳は色々な音や音楽に反応して、私達の体に影響を与えている。

音楽と一緒に歌詞やメロディーを口ずさんだり、手や足が自然と音楽のビートに合わせて動いたりなど。

勿論、楽器を弾く事も、私達に多くの影響を与える。

このような音楽の影響の原理を学び、それを病気や障がいをもっている方のために活用をするのが、音楽療法士の仕事。

音楽と脳

violin

近年、MRIなどの発達により、脳がどのような働きをしているのか?など、少しずつ解明されてきた。だいぶ前は、音楽は脳の片方だけを使うと思われたが、最近のMRIなどの結果によると、音楽は脳を全体的に使うという事が示されている。音楽を聴く事はもちろんだが、音楽を弾く事はもっと脳を使い、活性化する。

このような音楽の持つ特性を利用し、神経学的音楽療法は脳損傷障がい(脳梗塞や事故による後遺症)のある方のリハビリにも使われる。リハビリ施設での音楽療法は、患者のニーズに合わせた音楽または音楽の要素(例:リズム)の使用し、音楽療法士が理学療法士や作業療法士と一緒に働く。日本でも、神経学的音楽療法を取り入れている病院や施設などがあります。