そもそも神経学的音楽療法って何?

music-piano-hands-75149

神経学的音楽療法とは、マイケル・タウト博士(Ph.D.)、コリーン・ハート-タウト博士(Ph.D)、医師ジェラルド・マッキントッシュ先生(M.D.)、ルース・ライス理学療法博士(DPT)が、アメリカのコロラド州にあるCenter for Biomedical Research in Music で提唱し、研究、分類した療法です。神経学的音楽療法は、音楽知覚やその他の科学的証拠に基づく介入であり、アルツハイマー病、パーキンソン病、脳卒中後遺症、自閉症、脳性まひ、外傷性脳損傷など神経疾患をもった方のために使われます。介入では、音楽の要素(リズム、ハーモニー、音階など)を意図的に使い、クライエントの感覚運動、言語、感情、認知機能の向上を目的とします。

例:

歩行練習のための聴覚刺激(Rhythmic Auditory Stimulation – 略してRAS)RASを使った理学療法ー歩行練習のビデオ(MedRhythmsが提供)

運動機能発達のための療法的楽器演奏  (Therapeutic Instrumental Music Performance – TIMP)

失語症(ブローカ失語症など)のためのメロディックイントネーションセラピー (Melodic Intonation Therapy – MIT)

他にも色々な介入がありますが、徐々に皆さんとシェア出来ればと考えております。*神経学的音楽療法士になるには、この療法の特別なトレーニングを受けなければなりません。

Reference: M. H., Thaut (2008). Rhythm, Music, and the Brain. New York, NY: Routledge

 

 

神経学的音楽療法が、左半側空間無視のリハビリに役立つ!

pexels-photo-72552
脳卒中後遺症により、視覚と(空間の)感覚に影響が出たキャロルのための神経学的音楽療法のビデオ(下のリンク)。左側がよく見えなくて、また左側の空間の意識がない。ビデオでも「この絵を同じように描いてください」というアセスメント(時計、家、花)で、絵の左側がよく描けていません。ここで神経学的音楽療法の出番。音階のある楽器を使って、左側を見る、注意を向ける事を促します。なぜ、それが可能なのか?私達は、音楽家である、ないに関係なく、ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ….と聞いたら、自然とその次の音を予測します。その作用をフル活用!右から左に、ド、レ、ミ、ファ…などの音階を置き、キャロルにそのベルを順番に鳴らしてもらいます。そうすると、自然と次の音を予測し、ベルを探す(注意を払い、見る)のです。ビデオはこちら:神経学的音楽療法ーキャロル(約1分)—- アメリカのMedRhythmsという神経学的音楽療法を提供する会社によるもの。

研究の要約:音楽療法はパーキンソン病患者の吸気圧、呼気圧、嚥下機能を向上する

Old-fashioned Microphone

研究者:アイオワ州立大学のエリザベス ステジェモラー助教授(運動学)

参加者:40〜85歳のパーキンソン病患者

参加者数:30人

試験(介入)内容:音楽療法士が、1週間に1度の合唱練習を率いた。試験期間は8週間。この研究は、四つのグループから成り立っており、それぞれの合唱練習はアイオワ州の違う場所で行われた。

結果:吸気圧、呼気圧、嚥下機能の向上。

私のコメント:何年か前に、全米音楽療法協会の学会で、ステジェモラー助教授の講演に出席させて頂きました。助教授は音楽療法士であり、パーキンソン病をもった方の研究を中心に行っています。

この研究で、吸気圧、呼気圧の向上は予測通りだったようですが、嚥下機能の向上に助教授も驚かれたようです。私も、パーキンソン病をもった方と働く機会がありますが、音楽療法はこの方々にとって、とても効果的なセラピー(声が大きくなる、動きの促進など)であるといつも感じます。

また、嚥下機能の向上はとても大切ですね。原文の記事にも書かれていますが、音楽療法士によって作られた合唱プログラムは、誤嚥性肺炎の確率を少なくする事に貢献するかもしれません。

英語の原文記事:http://m.iowastatedaily.com/news/academics/article_9f7435a6-ac87-11e4-a895-ab24309d278c.html?mode=jqm

伴奏ではない!神経学的音楽療法

久々のブログ更新です。まず、以下のビデオをご覧下さい(歩行リハビリを行っている患者さんの前で、(神経学的)音楽療法士が後ろ向きに歩きながら、オートハープを弾き、歌を歌っているシーンがあります)。

音楽療法士の役目は?

音楽療法士は患者さんの歩行に合わせて、それを「伴奏」しているのではありません。その反対です。音楽が、歩行を「引っ張る」役目をしているのです。

その「引っ張る」事とは、エントレインメント(同調)の効果によっておこります。強いビートのある音楽が流れている時、私たちの指、足、頭などが、自然にビートに合わせて動く事も、エントレインメントの一つです。

この効果は、神経学的障がいをもっている方のリハビリに有効です。神経学的障がい(パーキンソン病、脳卒中、自閉症など)は、私たちに備わっている、体内リズムに影響を与えるので、外からリズムを与える事が大切なのです。

音楽療法士は、各患者さんの歩行スピードを計算し(または、理学療法士さんが情報提供)、一人一人に合った速さの音楽、またはリズムを使います。ここで、はっきりとしたビートを与える事が重要です。その結果、患者さんの体が、自然にビートと同調しようとするので、歩行が安定し、歩く過程を助けます。

その後は、神経学的音楽療法の手順に従い、速さを少しずつ調節し(殆どの場合、スピードを増す)、最後には音楽を使わないで歩行訓練を行います。

外傷性脳損傷後遺症のための音楽療法(アメリカのビデオ)

以下にあるウェブサイトの若い青年(コルビー)は、スケートボードをしている時、後ろ向けに倒れ頭を強く打ち、その衝撃で彼の頭蓋骨が割れました。命が助からないかもという状況から、少しずつ回復したそうです。コルビーの信じられないような回復は、彼自身の忍耐力、そして医療関係者の知識と最先端のリバビリの結果のおかげです。また、神経学的音楽療法はコルビーのリハビリの大切な要素でした (音楽療法士はスザンヌさん)。下のウェブサイトをクリックして下さい(英語がわからなくても、画像を見てもらえらば、その回復ぶりが目に見えなす。)

http://www.koco.com/news/oklahomanews/okc/Music-therapy-aided-OKC-brain-injury-sufferer/-/11777584/13088866/-/y13rpx/-/index.html