Yoshikiのマスタークラスで学んだこと

Yoshiki 2.jpg

作曲家、ピアニスト、ドラマー、X Japanのリーダーとして世界で活躍するYoshikiのマスタークラスをいちばん前の席で聴講した。この特別講義はマイアミ大学フロスト音楽学校で行われ、司会はYoshikiの長年の音楽コラボレーター、そしてこの大学の音楽学部長であるバーグ教授。Yoshikiは、彼の音楽についてのこだわり、音楽のチカラへの関心、またハプニングをいい方向にもっていける前向きな姿勢などをフレンドリーに語った。

まず音楽製作の過程で「妥協しない」ということは、いい音楽を完成させるために欠かせない。Yoshikiとバーグ教授は、『Art of Life』の製作当時からのコラボレーターで、おたがいをよく知っている。バーグ教授によると、Yoshikiはどんな音楽を作りたいかがはっきりしていて、それを達成するためには妥協しない。また曲をアレンジする時も、ひとつひとつの修正にちゃんとした理由があり、それはYoshikiの中で描いている完成作品に近づくために必要なステップだと。このYoshikiの芯の通ったこだわりが、質の高い作品につながっているようだ。

この会話のあとに、Yoshikiはマスタークラスの参加者からも質問を受けた。わたしはすぐさま手を上げ、「お父様がお亡くなりになった時、音楽はあなたの支えになり、またあなたの音楽は多くの人の支えになっていると思います。過去、音楽の療法的効果に興味があると言われていましたが、そのようなリサーチにかかわっていきたいですか?」と聞いた。日本ではモーツァルトがいいとか言われがちだけど、調べてみたら好きな音楽を聴くことがいいと知った、とYoshiki。そして、音楽の効果についてもっと知りたいとのこと。

ほかにも何人かの参加者が質問し、Yoshikiはそのひとつひとつに丁寧に答えた。「人生で習った教訓はなんですか?」という質問に対して、Yoshikiはツアー中などよく思いがけないことに遭遇するけど、そこで当惑するのではなく、そのパプニングをいい方向に使うようにしていると言った。バーグ教授も「予想してないことが起こった時も、Yoshikiは落ちついてるよね」と加えた。この教訓は、わたしたち誰もが覚えているべきことだと感じる。

このマスタークラスを通して、幅広いミュージシャンとして活躍し続けるYoshikiの成功の秘訣を知ることができたような気がする。すでに多くのことを成し遂げてきたYoshikiだが、さらにいろいろなことにチャレンジし、多くの人を魅了し続けるだろう。その裏には、妥協しないというこだわり、音楽の効果についてさらに知識を深めて人のために役立てたいという気持ち、パプニングをいい方向にもっていける、という強くも柔軟な姿勢があるようだ。

マスタークラスの動画(英語)はこちらです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s