水泳の怪物フェルプスは、競技前になぜ音楽を聴くのか?

swimmers-swimming-race-competition-56837

メダル取りすぎ!とも言いたくなる水泳の怪物、マイケル・フェルプス(アメリカ)。気付いた人も多いと思うが、いつも泳ぐ直前まで大きなヘッドフォンをつけている。「何を聴いているのかな?」と気になるのは私だけだろうか?フェルプスに限らず、多くのオリンピック選手が、競技前にヘッドフォンをつけている光景をテレビで目にするが、人生を180度変える事が可能な大舞台の前に、なぜわざわざ音楽を聴くのか?

『The Power of Habit』によると、実際、フェルプスの「勝つための日課」は、競技前に音楽を聴く事を含む (1)。勝つ事に、とても大切な要素なのだ。見ている方としては「あら、まだヘッドフォンつけてる。なんで?」と思うかもしれないが、これは彼の勝利プランの一部なのである。リオオリンピックで何を聴いているかは、はっきりしないが、ラップやカントリー音楽が彼のプレイリストに入っているらしい(2)。

多くの運動選手は、練習中、ウォームアップ中、競技前に音楽をよく聴く。その理由としては、気持ちをピークの状態にする、ハッピーな気分にもってくる、自信を感じる、敏感さを高める、リラックスするなど(3)。このリストを見ると、運動選手が最高の競技が出来るよう、目的をもって音楽を聴いている事がよく分かる。

また、練習中に音楽を聴く事は、疲労感の減少にもつながる事が証明されている。さらに、運動の動きにマッチしたリズムがある音楽を使う事で、その動作をより効率的に行える事もわかっている(4)。少しの差が、結果に大きな影響を及ぼすオリンピック。世界の頂点に立つためには、そのために出来るすべての事を行わなければならないだろう。ヘッドフォンの役割は、私達が想像した以上に大きいのかもしれない。

参考文献:

  1. Duhigg, C. (2014). The power of habit. New York, NY: Random House Trade Paperbacks.
  2. Goodman, J. (2016). Michael Phelps’ warmup playlist includes Eminem. Retrieved August 10, 2016 from http://www.ew.com/article/2016/08/09/michael-phelps-warmup-playlist-eminem
  3. Laukka, P., Quick, L. (2013). Emotional and motivational uses of music in sports and exercise: A questionnaire study among athletes. Psychology of Music 41(2) 198-215. 
  4. Bateman, A. & Bale, J. (Ed(s)).(2008). Sporting sounds: Relationships Between Sport and Music, Ch 1: 13-36.