脳性まひ:神経学的音楽療法の効果は?

red-bear-child-childhood.jpg

私の友人であり、素晴らしい音楽療法士のユーリン・チェン氏と他の医療関係者が一緒に行った研究の要約です。この研究はデザインの質も高く、このようなリサーチがどんどん行われる事を願っています。

題:A Home-Based Program Using Patterned Sensory Enhancement Improves Resistance Exercise Effects for Children with Cerebral Palsy: A Randomized Controlled Trial

対象者:痙性両側麻痺をともなう脳性麻痺児(5−13歳)32人 

神経学的音楽療法テクニック:パターン的感覚強化 (Patterned Sensory Enhancement – PSE) 神経学的音楽療法士ユーリン・チェン氏が、音階、強弱、ハーモニーなどを使い、動きの促進を目的とした音楽を作成。録音されたものが治療群で使用された。

研究方法:

ランダム化比較試験 ー 治療群(PSE音楽) vs 対照群(音楽なし

対象者が椅子から立ち上がり、座るという運動を繰り返し行う(期間は6週間)。

結果:

両グループが、総運動機能測定(Gross Motor Function Measure- GMFM) のカテゴリーD (立ち上がる) とカテゴリーE (歩く、走る、ジャンプする)で改善を見せた。そしてPSE音楽群は、立ち上がる動作と目標寸法で対照群よりも大きく改善。また、この改善が6−12週間後にも持続していた。

まとめ:

神経学的音楽療法のパターン的感覚強化(PSE)は、痙性両側麻痺児の「立ち上がる」動作を大きく改善する。

参考文献 (原文):T. Wang, Y. Peng, Y. Chen, T. Lu, H. Liao, & P. Tang. (2013). Home-Based Program Using Patterned Sensory Enhancement Improves Resistance Exercise Effects for Children with Cerebral Palsy: A Randomized Controlled Trial. Retrieved from http://nnr.sagepub.com/content/27/8/684.short

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s