「音楽療法士です。」「クスッ(笑)。」バカにされた私の反応は?

pancake

「私は、__ホスピスの音楽療法士です。Vさんを部屋で訪問しますね。」と、高齢者福祉施設の初対面の若い看護師に言うと、「クスッ」と笑われました。アメリカでは音楽療法が日本よりも普及しているといっても、こういった反応をたまーにされます。特に、新人のスタッフに多いですね(経験のあるスタッフの殆どは、音楽療法士と働いた事があるとか、音楽のパワーを医療現場で見た事がある)。

内心、少しムカッとしながらも(笑)、”この看護師は音楽療法について知らないだけ。この機会は、音楽療法のパワーを発揮し、それについて話す絶好のチャンス”と自分に言いきかせ、笑顔で対応し、いつものようにVさんの部屋に向かいました。

Vさんは末期の病気の為、無表情で壁を見つめ、質問にも反応せず、発語もめったにありません。アイコンタクトもまれです。しかし、音楽療法がそのバリアを一瞬にして吹き飛ばします!私がゆっくりと歌を歌い、手で合図をしてVさんの参加を促すと、彼女が馴染みのある曲を少し歌います。

Vさんも、”自分が歌っている”という事がわかっているようです。彼女の表情がパッと明るくなり、無邪気な笑顔も見せ、音楽が情緒に刺激を与えている事がわかります。音楽療法の前は、無表情で全く話さなかったVさんですが、歌の後は簡単な質問にも答えられました。

音楽療法が脳を刺激し、コミュニケーションを促し、感情を引き出し、人として関わる時間を作りました(ホスピス音楽療法の目的はリハビリではないので、Vさんが楽しめる範囲で歌を歌ったり、簡単な会話を行います)。

セッション記録を行い、さっきの看護師に報告(看護師はびっくりした顔でセッション内容を聴いていましたが)。そして、音楽療法についても少し話しました。終わり良ければすべて良し!この日も音楽療法の事を少し世間に広めました。この療法が必要な方はたくさんいらしゃいます。音楽療法士の皆さん、めげないで頑張ってください!