研究結果:音楽に合わせて歌う VS 聴くだけ

brain

バージニア州ジョージメイソン大学の脳科学者ジェーンフリン氏による、音楽を使った研究結果です。

対象者:アルツハイマー型認知症患者

試験内容:馴染みのあるミュージカルの曲を中心に、週1回のセッションを4ヶ月間行った。

グループ1:音楽に合わせて歌う。

グループ2: 音楽を聴く。

結果:音楽と一緒に歌ったグループ1は、認知能力、描画テスト(針のない時計の図に、言われた時間の針を書き込む。)、生活に対する満足感の向上を見せた。特に、症状が進行した方に効果があった。

ジェーンフリン氏によると、歌に積極的に参加する事は、脳の多くの部分を刺激するとの事。やはりここでも、音楽に能動的に参加する事は、受動的な参加よりも、脳に良い影響を与えるという事が証明されています。

参考文献:The Guardian. (2013). Alzheimer’s patients’ brains boosted by belting out Sound of Music. Retrieved on November 16, 2013, from http://www.theguardian.com/science/2013/nov/11/alzheimers-patients-brains-boosted-sound-music-singing

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s